読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AwesomeでFabulousな日々

思いっきり好き

終わらないで、夏。

8/28、私はTDCホールで行われた橋本良亮ソロコンサート〜ハシツアーズ〜へ足を運んだ。自担のいない現場だった。

  

f:id:booyakabooyaka:20160902194321j:image


母が、7月の前半戦に一番下の橋本担の妹を連れて行って、そこからチケットを更に増やした。終わった瞬間にまた行きたいと思ったそうだ。私は、自担もいないし、橋本くんは好きだけど…なんてうじうじしていたら一緒に行こうと誘ってくれた。
母は7/30、8/27、8/28と参戦して、それぞれ我ら三姉妹のことを連れて行った。

正直、終わらないでほしいと思ったのはこれが初めてだった。コンサートで泣いたのも初めてだった。(歌舞伎で泣いたのは別)

 

橋本くんのことはコンサートや舞台で何度も見ているはずなのに、目の前にいる橋本くんは初めましての橋本くんだった。
真っ赤な薔薇の花束を持って軽快な音楽と共にセンターに現れた橋本くんは、まるでディズニー映画に出てくるヤンチャな王子様のようだった。そんな王子様が照れながらStay with me♡を歌っていて一年前のコンサートを思い出した。歌い終わった後に「俺と結婚してください」と吐息交じりに我々ファンに囁いてファンがどよめき、私もしゅりゅ〜〜っと崩れ落ちた思い出がフラッシュバックした。

橋本くんの歌声は去年よりも確実に上手くなっていて、表現の仕方に磨きがかかっていたように思える。橋本くんは不思議な存在だ。一見地元にいる板金屋のアンちゃんみたいな感じなのに歌い出すと不思議なオーラに身を包む。きっとこれは同世代のジャニーズの中でトップだと思う。

 

MCで橋本くんがコイベビの話をしていた。私は残念ながら観に行けなかったが、母と下の妹が観に行った。妹の感想が辛かった。母の感想があの子は芸能人しかできない。あらすじと他の方の感想などを読んでなんとなくイメージしていた。
橋本くん曰く、本番前は聴くと自殺してしまうという都市伝説のある曲を聴いて自分を追い込んでいた。鏡を見るとハシ(橋本くんの役名)が見えた。ソファに座ってる。この発言に私は震えた。
前々から橋本くんはグループ内で一番演技が上手いと思っていたけど、本当に憑依させてたんだ。追い込んでたんだ、と感動した。少しメンヘラちゃんなところも相まってきっとハマリ役だったんだと思う。橋本くんも俺にしか出来ないよっていたずらっぽく笑っていたけど、本気の目だった。本気でそう思ってる、自信のある目だった。
本題とズレて申し訳ないけど、妹のコイベビ感想に触れたい。上にも書いた通り、辛かったと妹は言っていた。そして観劇から一ヶ月は経つのかな?それでもまだ橋本くんをきちんと見ることができないでいる。これは嫌いになったからではなく、あまりにもハシがリンクしすぎていたために橋本良亮がハシにしか見えないという。あと、橋本くんが一番やりたくない仕事に演技を挙げていた。セリフを覚えるのが苦手だから、そんな理由だったと思う。実にもったいない。観客に本人を見るのが辛いと思わせることができる人なのにそんな理由で嫌がるのは勿体無い。それくらい表現することに長けている。頭が悪かろうが痩せたり太ったり浮腫んだりなんだっていい、橋本くんには唯一無二の雰囲気がある。それをこれからも大切にしてもらいたい。

 

ちょっと真面目に書くの疲れたので休憩します。
花言葉で、橋本くんに選ばれた客が擬似キスをするんだけど、私が入った日に選ばれた子が私の席の真下で…なんだかTDCについた瞬間に「キスするかも」って思ってたらまさかの真下…そしてらその方がおそらくJr.担で。カメラに女性が抜かれた瞬間「俺のうちわ持ってないけど俺のファンだよね?嫌だよ俺Jr.のファンの子とチューするの!」って言ってたんだけど凄い早さだったの。カメラに映った瞬間捲し立てるように。その子も申し訳なさそうにキスしててさ。変わってくれよ〜〜って思ったけどわたしが映されても同じこと言われたのかな?あまりの早さにメ、メンヘラ〜〜ってびっくりしちゃった。

このコンサートって、もう可愛いなんて言わせないがコンセプトだけど、選曲がメンヘラみの強い曲のオンパレードで橋本くんは需要が分かってるな〜と。分かってるな〜大体。と。なんで、なんでvanilla外したの?!vanilla熱がサマステ以降ビンビンで楽しみにしてたのにさー!!五関さん本当にvanilla外した罪は重いよ?ていうかセトリ途中で変えんなよ。誰かにとった最初で最後なんだぞ馬鹿野郎。

 

ぐちぐち言っても仕方ない。とりあえず橋本くん最高だった!リカちゃん可愛かった!花言葉の仮面は浮腫みすぎてブサイクだったけどよかった!!じゃ!次!!!!Jr.コーナー!!!!行くぜェエエエエええ!!!!V8!!!!V8!!!!!ジョージョー!イモータンジョー!!!!


孝良さんでも見るか…うん孝良さんのvanillaに酔いしれるか、孝良さんと結婚したいなぁ…って気持ちで挑んだんですよ。孝良さん好きなんですよ。でもね、でもね、孝良さんが私の記憶にいないんですよ…私の記憶にいるのは汐音と蓮音の2人なんですよ。おかしくないですか?いや、この2人も好きですけど、あんっっっなに楽しみにしていた孝良さんの記憶ないんですよ。
いやでもこれは現場あるあるなのかな?毎回担当とか、決めて見に行った人ちゃんと見れたの歌舞伎くらいだし。ていうかそんなもんだよねーコンサートとかって!と早々に気持ちに踏ん切りをつけてじっくりしおれんちゃんたちを観察しました。

 

最近ちょこちょこステマをしている汐音くん。高校一年生ながら同世代と比べると圧倒的ダンススキルの高さが目立つ彼。初めて生で見たんだけど、テレビで見るよりもテンション高めで髪色も相まってどこにいても見つけられるタイプ。母曰く、前半に比べてJr.の動きが小さくなっていたようで少し何か言われたのかな?でも前半を知らない私からするとそれでも全然アガるパフォーマンスでした。可愛いなって思ったのはどの曲もニコニコしながら大きな口で歌っていてたまに橋本くんの後ろにつくとそれがモニターで映し出されるんだけど、ダンスが楽しくて仕方ないんだろうな〜ってパワーをもらえました。花言葉ではキスの相手を抽選で決める抽選ボックスを持ってくる役でスキップしながらニコニコで橋本くんに渡すんだけど、妖精みたいでとっても可愛かった!たらりらり〜んって効果音つけたくなるやつ。アンコールのSUMMER上々ではテンション下げられなくなったのかすれ違うJr.に手当たり次第ちょっかい出してる姿が好印象。ステージを楽しむって姿に徹しているJr.を久しぶりに見た気がして、ファンサも自分の中で流れを決めてそれを順繰りやってダンスに急いで戻るところとかも、こなれてなくていい!!ただダンスはステージ上で一番うまい!みたいな。

蓮音は、ちびっ子の頃から応援していたんだけど、とくにここ最近は抑えて踊っている印象が強くて。JJLの時とかは颯くんとブレイクダンスバトルとかやってて伸び伸び踊ってる印象だったけど、最近はバックに徹しているというか、周りの子のレベルに合わせているように見えることが多々。アクロバットと言ったら蓮音のように最近はなりつつあるが、本来ならダンスもかなりうまい。だから、私は蓮音の隣に汐音を置きたくていつかそれが叶う日がきますように!なんて思ってたの!楽しむ!ってことを大切にするアッパー系ダンサーの汐音と職人気質の蓮音が並ぶと絶対化学反応が起こるって思ってたの。起こったんだよ!!!
crazy about youでケミストリーしちゃったんだよ…なんと、しおれんシンメで、最初ね、しおれんしかJr.がいなくて…。まぁ、勿論crazy about you以前も蓮音がいつもと明らかに違ったの。ガムシャラや他の部分からチラッと見せていた男らしさが前面に出されてクールでテクニカルなのに他の子に負けたくないっていう強い意志を感じるダンスだったの。身長の割に長い手足の使い方が上手で…。
でね、crazy about youではしおれんシンメが踊ったんだけど、あのめちゃかっこいい曲の後ろでダンスバトル?!ってくらいそれぞれの持ち味を出してんの。2人とも共通してストリート系なダンスなんだけど、汐音は大きく手足を広げて素早く動かせる爆発型に対して、蓮音は関節を軟らかく使って上半身は滑らかに、下半身は俊敏にって感じで全く色が違うのに凄くマッチしてるの。
決してお互いが揃えてるわけじゃないんだけど、トータルのバランスが似てるのかな?これが探していたシンメかもしれない、、、ってくらい感動した。
しかも力強い踊り方なのに優しいの。多分上手いからなんだろうけどさ。だから橋本くんの甘い歌声に凄く合うの。今ティーンに大人気のハリウッドスターかと思ったよね。

 

正直バックが判明した時、増田や目黒はつかないのか…って残念だったの。でもね、この2人を見れたことが何よりも収穫だったし、正直サマステより全然楽しかった!
橋本くんのファンはどう思ったかわからないけど、橋本くんのゆるい感じと異色のガムシャラな若手っていう図が凄く良かったの。ゆるいだけじゃなく、橋本くんにしか出せない色をビンビン受けながらあの子達が成長していく姿を見れて、感動したの。

 

橋本くんがリリックを歌った時、常々橋本くんにはTOKIOを歌ってほしいと思っていた私は絶叫して喜んで、出だしの会いたいと思うたびに〜から涙が止まらなかったの。橋本くんのテクニックでカバーしないで魂で歌っている姿やジュニアたちが楽しそうにガムシャラにひたむきに踊ってる姿、あと個人的に愛犬が亡くなってつらい心をみんなが包んでくれた気にもなって、本当に感動したし、優しさにあの瞬間TDCが包まれたの。振ってたペンライトも降ろしてハンカチでずっと涙を拭いてたんだけど、あの瞬間本当にノーベル賞級化学反応が起きたの。
泣いて笑って本当に楽しかった。

 

Jr.紹介の時に、コウダイくんが震えながら橋本くんのことを尊敬してるって伝えてるところや、汐音が終わりたくないって目を潤ませたところ、みんな初めてのメインバックで(孝良さん除く)緊張しただろうし、本人たちも自分たちでいいのかとか思ってしまったのかな?それでも彼らはやりきったし、現にこうやって感動した人間もいる。アイドルって夢を与えるだけじゃなくて感動や勇気もくれる存在だと思う。彼らはまさにアイドルだったし、本当に幸せな時間だった。

 

私は他のサマパラは生で見れてないけど、中島くんのケンティワールド全開の華やかなショー、風磨くんの俺らで作り上げる一夏の花火、勝利くんのシンプルに良さを出したステージ、聡ちゃんマリウスの2人だから出せるきらびやかで儚い宇宙、多分どれもその人の個性が強く出されるものだと思う。橋本くんのはそういうのが弱いとか見たりもするけど、ある意味デビュー組のソロコンサートっていう意味では一番しっかりしているかもしれない。変にJr.と馴れ合わずきっちりとしていた。俺らって感じが私も好きだけど、橋本くんのソロコンは俺の背中を見てねって感じがして凄く良かった。ベタベタした雰囲気がなくてサッパリしていて、とても見やすかった。
それは五関さんの力も大きいのかもしれない。橋本くんっていうパフォーマンス特化型の人に、パフォーマンス特化型兼プロデュース能力の高い五関さんっていうブレーンがついたからなのかもしれない。どちらにしても、凄くシンプルに橋本くんの良さを出せていた。そして、誰が選んだのかはわからないけど若手のJr.の子たちも良かった。いい塩梅だったと思う。誰の後ろにつけたから幸せとかは言いたくないし、誰の後ろについても何か得られるから幸せなんだろうけど今回サマパラのバックにつけた子たちは幸せだと思う。

 

私がたまたま入ったサマステは正直お金を払って見るレベルじゃない子たちが大勢いた。パフォーマンスがだれて、なーなーな感じで。それでも頑張ってる子はたくさんいた。けど明らかに長期公演の疲労と、ファンを構えばいいみたいなスタンスが隠せていなかった。彼らを好きだし、好きだからお金を払って観に行ってる。でも彼らからしたらお金払ってでも見たいんならどんなパフォーマンスでも文句言うなよ、会えればいいだろ的な雰囲気が漂っていた。こんな言い方はしたくないけど、これがJr.とデビュー組の差なのかなって思ってしまった。こんなことならJr.メインのライブなんて要らないとも思った。ふれあい動物園がいい人もいるかもしれないけど、大多数の人は頑張るあなたたちに元気をもらいたいはずだ。不器用でも、経験が浅くても、楽しそうに頑張っているサマパラのJr.たちから私は元気をもらった。もちろん橋本くんからも。そんなことを少し考えてしまう夏だった。本当に頑張っている子を正当に評価して報われてほしい。

 

まだ書くのかよって感じかもしれないけど、もう少しだけ。
私はジャニーズにハマるまでテニミュに力を入れていたヲタクだったので、今回のサマパラはとても感慨深いものだった。テニミュも御用達のTDCで、今回の座席が私が最後に行った1stの全国立海決勝戦の時と同じ席だったのだ。数年前、私の眼前に広がるテニスコートを模したステージには可愛らしい夏の青空のような雲が飾られたステージがあった。席に座ってからも、お手洗いに行くときも、懐かしいな〜という気持ちと、全然違うんだな〜という気持ちがあった。私はTDCホールが大好きかもしれない。

 

本当に橋本くんのソロコンが楽しかった。誘ってくれた母、感想を聞いてくれた友達、そして何より素敵な時間をくれたステージ上のみんなに対して感謝の気持ちでいっぱいです。橋本くんがまた明日から頑張ってね、って締めくくったけど頑張れます。お身体に気をつけてこれからも素敵なパフォーマンスを見せてください。ありがとうございました。

 

 

追伸。
極力vanillaは削らないでください。やっぱり見たかったです。